businessman working

画期的な機械

リース契約との違いに関して

複合機の機能としては、フルカラーコピー、プリンタ、FAX、カラースキャナー等がある。最近までは、複合機を利用する場合、リースする企業が多かった。しかし、最近は複合機をレンタルする企業も増えている。レンタルする事のメリットとしては、リースは比較的長期間利用する場合に向いており、レンタルは一時的あるいは期間が定まった短期間、利用する場合に向いている。リースはリース期間という縛りがあり、中途解約ができない。レンタルはいつでも解約が可能である。修理に関しても、リースは保守契約を締結する必要があるが、レンタルは保守修繕義務がレンタル会社にある。リースとはこのような違いがあり、目的にあった利用の仕方を選ぶ事が大事である。

複合機をレンタルする場合の注意点

複合機をレンタルする場合の注意点としては、複合機を選定する場合、レンタル会社の在庫内の複合機から選定しなければならない。最新の機種、使用したいメーカー、機種が決まっている場合、あらかじめインターネット等で使用する機種があるかどうか確認する事をお勧めします。また、複合機をレンタルする場合、契約期間によって、毎月の利用料金が変わってくるので、注意が必要である。契約期間が長期間の方が、低価格で利用できる。企業において、新規プロジェクトが発足している間、一時的にオフィスとは離れたロケーションで仕事をする等の必要性が出てくる場合もあり、一時的に複合機が必要な場合もある。そのような時、複合機のレンタルが合理的に利用できる。